FXのテクニカル分析について教えてください

テクニカル分析について

FXを行うにあたって、「なんとなく」の判断でトレードをすることは危険です。
それで偶然勝つことは出来るかもしれませんが、気持ちや感情に任せたトレードは長く利益を出し続けるのは非常に困難であると言えるでしょう。
株式投資においてもFX投資においても、その値動きを予測するために重要になってくるのがファンダメンタルズ分析とテクニカル分析です。
ファンダメンタルズ分析が経済動向、経済指標などを参考に為替の値動きを推測するのに対し、テクニカル分析は値動き、ローソク足、トレンドライン...といった、チャート上のデータから分かることを参考に値動きの予測を行います。

どちらもFXトレードにおいては重要ですが、今回の記事ではテクニカル分析に重きをおいて見ていくことにしましょう。

トレンド系とオシレーター系

テクニカル分析にも移動平均線、ボリンジャーバンドなど多くの種類のものがありますが、大きく「トレンド系」と「オシレーター系」に2分することが出来ます。
トレンド系は移動平均線、ローソク足など、オシレーターはRSI、ストキャスティクスなどが代表的なものでしょう。

トレンド系はその名の通り、値動きの推移にどんなトレンドが発生しているのかを判断するために使うものです。移動平均線がゴールデンクロスとなったら上昇トレンド、抵抗線を上抜いたらブレイク、などといった使い方がありますよね。

それに対しオシレーター系は「買われすぎ、売られすぎ」を判断するのによく使われるものです。
株もFXも、ずっと同じ方向にトレンドが動き続けるということは決してありません。どこかのタイミングで必ず逆方向、またはレンジに推移し、新たなトレンドを形成します。
そのトレンドの変わり目を見つけるのにオシレーター系は役に立つと言ってよいでしょう。

多くの種類のあるテクニカル分析から、自分にあったものを見つけ出す

テクニカル分析も、ファンダメンタルズ分析もFXにおいては重要なものです。どちらを使って取引を行うか、はトレーダーによって違うと思いますが、両者を知っておいて損はないでしょう。
余計な情報はノイズになる、として敢えて情報を絞る人もいますが、個人的には多くの知識を知っておいたうえで、それをどう応用させていくかが重要だと考えています。

テクニカル分析にも色々なものがありますが、やはり最も重要なのは直近安値と直近高値を意識したトレンドラインを引くことでしょう。
そういった節目は多くのトレーダーが注目しており、そこを境に大きくトレンドが変わるケースが多いです。

「多くのトレーダーが注目しているか」というのは非常に重要で、どういった需給で為替が推移しているか、機関投資家がどのような意志を持ってトレンドを作ろうとしているのか、ということを感じ取ることが出来ます。

テクニカル分析にあった手法の使い分け

何度も書くように、テクニカル分析には多くの種類が存在しますが、それを全て使ってトレードする必要はありません。
移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表など、自分にあったもの、相場に適しているものを選んで使ってみればよいでしょう。

テクニカル分析は目的ではなく、あくまでも勝つための手段なので、将来の為替変動を予想するためのものとして割り切って色々な使い方をしてみれば良いと思います。
例えば上昇トレンド中にボリンジャーバンドの+2σを割ったら売り、というシンプルな手法でも、相場とかみあっていれば優位性のある方法となるかもしれません。

テクニカル分析を使うにせよファンダメンタルズ分析を使うにせよ、重要なのは「それを使って優位性のある手法、すなわち期待値の高い手法を作れるか」ということでしょう。
一朝一夕にはうまく行かないとは思いますが、相場に慣れていくうちにその精度は高まっていくはずです。