スワップポイントとは何ですか?

スワップポイントとは

FX(外国為替証拠金取引)で利益を得る方法には「為替差益によるもの」「スワップポイントによるもの」の2点があります。
外貨預金や銀行の定期預金とは異なり、保有ポジションによるスワップポイントが毎日もらえる、というのはFXの大きなメリットのひとつです。
今回の記事ではそもそもスワップポイントとは何なのか、ということから始め、スワップポイントのメリットデメリットについても検証していきます。

スワップポイントとは

スワップポイント、とカタカナで見ると何だかよく分からないという方もいるかと思いますが、要するに利息・利子のようなものであると考えておいてよいでしょう。
投資をする際にチェックポイントとなるのが「金利、利率」、すなわちそれを購入することによってどれくらいの利回りが得られるのか?ということです。
皆さんご存知の通り定期預金の利息は非常に低いですが、これは日本の金融政策により、政策金利が長年の間非常に低いのが一因のひとつです。

政策金利はFXをする上でも知っておきたいことのひとつで、国によってこの政策金利は異なります。
一般に先進国(日本、ヨーロッパ、アメリカなど)ほどこの金利は低く、新興国(オーストラリア、ニュージーランドなど)ほど金利が高くなっているのが特徴です。

FXは異なる国同士の通貨ペアを売買して利益を出しますが、低金利通貨で高金利通貨を買うとどうなるでしょうか?
実はその金利差がスワップポイントです。高金利の通貨を買えばその金利が適用されることになり、2通貨間の金利差であるスワップポイントを保持ポジション・期間に応じて受け取れることが出来ます。

逆に言えば高金利通貨で低金利通貨を買うとスワップポイントを支払うことになります。どの通貨ペアがどんなスワップポイントなのかについては各証券会社で確認できますので調べてみると良いでしょう。

スワップポイント狙いのFX投資のリスク

スワップポイントが多く付与される通貨ペアは、先にも書いた通り低金利通貨と高金利通貨の組み合わせです。
例で言えば豪ドル円やNZドル円などがスワップポイント狙いの通貨としてよく名が挙がります。
ただ、こういった新興国通貨のトレードにはリスクが伴うことも知っておかなければなりません。
新興国は先進国に比べ経済が安定しておらず、少しの地政学的リスク、経済的不安要素が発生した際に売られやすいこと、またこういった通貨は投資対象というより投機対象として見られていることが多いです。

取引量が多いドル円やユーロドルといった通貨ペアに比べ、新興国通貨はマイナー通貨とも言え、そこまで取引量が多くないため流動性が低くなっています。流動性が低いと、短時間で大きくチャートが動くことがあり、またトレンドが分かりにくいという場合もあります。

どの通貨ペアをトレードするにしても、それらの特徴を把握しておくことが重要であると言えるでしょう。

スワップポイントの利益のみで生活を行うことは可能か?

スワップポイントについて調べていると、「スワップポイントの金利収入のみで生活できるか」といったようなことを見かけます。
資金量によっては可能とも言えますが、先に書いたようなリスクもあるため、オススメは出来ません。
これに限らず、投資のみで生きていく、というのは非常に難しいことで、多くのプレーヤーが参加する外国為替市場で勝ち続けていく、というのはそれ相応の努力や才能がないとうまく行きません。

2008年のリーマンショック以後、長く行なわれ続けてきた金融緩和ですが、2015年12月のアメリカの利上げを皮切りに、段々と経済引き締めを行うことが予測されています。
アメリカの金利が上がれば新興国通貨売り、ドル買いが発生するというのは通説となっており、ますます新興国通貨が買われることは少なくなっていくのではないか?というのが金融引き締めにおけるトレンドとなるのではないでしょうか。

いずれにせよ、FXトレードを行ううえではチャート分析を行うことはもちろん、世界経済の動向を把握しておくのが重要となってくるでしょう。
何の考えもなしに高金利通貨を買っておく、というのは非常にリスクの高い行為であると言えます。