投資で重要な損切りについて教えてください

FXの損切りとは

FXのみでなく、あらゆるトレードを行うにあたって重要になってくるのが損切りです。
資金管理、メンタル管理など、FXをするうえで重要な事なことは多くありますが、その中でも損切りの重要性は非常に大きなものであると言えるでしょう。
今回の記事では、行動経済学の知見から考える損切りの重要性、損切りをいかに上手くおこなうかなどといったことに着目していきます。

損切りを上手く行えるかがトレードで最も重要?

まず、科学的に人間の本能は投資には向いていないということを知っておくのはFXを行うにあたって重要なポイントでしょう。
行動経済学では、従来の経済学のように人間はいつも合理的な行動を行うわけではなく、感情・本能に基づいた不合理な行動をしてしまう、ということを提唱しています。
行動経済学における、「損」についての考え方・用語として、「損失回避」「感応度逓減性」「プロスペクト理論」というものがあります。

損失回避とはその文字通り、人間は損を避けたくなる傾向がある、という意味です。
この本能により投資において利益が少しでも目減りすることに耐えられず少額で利益確定を行ってしまうことがあるのがその一例です。

感応度逓減性は利益・損失ともに、その額が大きくなるとそれに対する感情の動きが鈍ってくることを指します。
例えばFXにおいて、評価額が-1万円になったとします。
評価額がマイナスになるのは誰でもつらいことですが、更に損が増え、-4万円が-5万円となるとその損額に対する動揺は小さくなっている、というのが「感応」が「逓減(ていげん)」するということです。

プロスペクト理論とは、利益があるときと損失があるときとでその価値の捉え方に違いがある、という人間心理を表すものです。
得をして嬉しい気持ちよりも損をした悲しみの方が重い、とするのがこの理論の考え方で、評価額が含み損になるとその損失を確定させたくない、と言う気持ちが生まれ、ロスカットが遅れてしまう、というのがFXトレードにありがちな心理です。

トレードにおいては損を小さく、利を大きくとる「損小利大」が重要とされていますが、人間の本能はここまで見てきた通り「損大利小」を選択してしまうのです。
そういったことを理解したうえで、どのようにロスカットを行うのか、というルールを決めておくことは非常に大事であると言えます。

前もってトレードプランを立てることが大事

人によってトレードスタイルは様々であると思いますが、どんな投資手法においてもトレードプランを前もって立てておくことは重要でしょう。
これからどういった動きになり、どこで利益確定をし、どこで損切りを行うか。ということを予測し、確率的に期待値の高い手法でトレードを行うのです。

確率的に期待値の高い手法を知るためには、トレード履歴をつけることが大事です。
どこでエントリーし・どこで決済したのかのエントリーポイントやエントリー根拠、そのときの自分の心理状態、チャートのトレンドの規則性...などなど、記録を残しておくことで客観的にトレードを見ることができるためです。
誰にでも損切りを行うことはありますが、その負けトレードを後々どう活かせるか、というのが長く勝っていくために必要なことであると言えます。

トータルでプラスであるかどうか

FXで大事なのは、一回一回のトレードの結果ではなく、トータルで投資成績がプラスであるか、ということです。
資金額に対し大きな損失を出してしまうと落ち込んでしまうのは初心者にはありがちですが、それに落ち込んだり、すぐにその損を取り戻そうと思ったりするのではなく、なぜそうなったしまったのか、を冷静に考えることが重要でしょう。
例え10回のトレードで4回負けていても、残り6回のトレードでプラスのパフォーマンスを残していればよいのです。
損をしたり負けたりすることは誰にとっても嫌なことですが、損切りという行為に対しいかに真摯に向き合えるか、がFXトレードにおいて最も重要なことのひとつと言っても過言ではないでしょう。