国債って借金とは違うの?

国債投資について

「国債」と聞くと、日本の借金をイメージし、投資対象として考える方は少ないかもしれません。
その通り、国債の主な購入者は金融機関や保険、年金基金なのですが、個人レベルからでも国債を投資対象として購入を行うことは可能です。
財務省の国債に関するホームページでは個人投資家に対する情報提示が分かりやすくなされていることも注目のポイントです。
今回の記事では国債とはそもそも何なのか?ということから始め、国債投資についてのイロハについて見ていくことにしましょう。

国債とは?

国債とは「国」の「債」券という文字通り、国が発行する債券のことです。国が債券を発行し、それを誰かが買うことによって国はお金を借り入れます。
当然借りたお金は将来返さなければなりません(お金を返すことを「償還」と言います)が、どのくらいの期間お金を借り入れるのか、によって短期国債、中期国債、長期国債...といったように分類がなされます。
国債について調べてみると「固定5年」「変動10年」といったように、あたまに年数がついていることが分かりますが、これがその借り入れ期間、つまり発行から償還までの期間を表しています。
我々が国債買い入れを行い、この期間分貸出しを行い、満期が来たらそのお金が返ってくる、ということになります。
そのため国債には株式投資、FXなどとは違い元本割れのリスクがありません。加えて貸出しを行っていることによる利子がプラスして付与される、ということがメリットであると言えるでしょう。他の金融商品に比べるとローリスクローリターンなのが国債投資の特徴のひとつです。

どんな国債を買えるのか?

前述したとおり、国債はその償還期間の違いにより多くの種類が存在しますが、個人向けに購入可能となっているのは「固定3年」「固定5年」「変動10年」の3つとなっています。
「固定」「変動」というのは、我々が受け取ることの出来る利率が途中で変わる(変動金利)のか、それともずっと固定(固定金利)なのか、ということを表します。
国債も金融商品であるので、その利率は常に変化しています。
よくニュースで「長期金利が低下した」というような報道を耳にしますが、この長期金利は日本国債10年物の利回りが指標となっています。
長期金利が低下すると、それに連動して住宅ローンや銀行の貸し出し金利も低下します。
固定3年、固定5年に対し変動10年物の場合はその市場金利をもとに、半年ごとに適用利率が設定されます。市場金利が上がれば変動10年物の利回りも上がる、というように理解しておけばよいでしょう。

また、個人向け国債は1万円から購入が可能となっており、発行から1年が経過すれば中途換金を行うことも可能になっています。

国債購入に際して知っておくべきことは?

国債購入を行うときに知っておきたいのは、金利変動リスク要因となる、「各国の経済政策・金融政策の動向」です。
2008年のリーマンショック以降、先進国をはじめとして世界経済は金融緩和の方向へ大きく舵をとりました。
金融緩和を行うことにより市場に流通するマネーの量を増やし、悪化した世界経済をよい方向に傾けようとする狙いです。
金融緩和を行うと一般に長期金利(10年国債の利回り)は低下し、これにより企業が銀行などから低金利で資金の借り入れをしやすくなる、というメリットが生まれるというわけです。

これに準じて2016年2月から日本で導入されたのが「マイナス金利政策」です。
銀行が日銀に預ける資金にマイナス金利をつけることで、銀行は日銀にお金を預けるとその一部を利子としてとられてしまうことになります。
その代わりに企業への融資を行う動きを強めさせる、という狙いのもとこの政策が始められました。

が、これは国債利回り、長期金利に対しては低下要因となるものです。
そのため国債投資、という観点からするとこのマイナス金利政策、金融緩和政策はおいしくない、と言えるでしょう。
このようにマクロな経済政策に対して国債利回りは大きく影響しているので、そういったニュースには注目しておきたいですね。