資産運用はプロに任せたい。投資信託の仕組みを教えてください

投資信託について

貯蓄を投資に回してみたいが、株式投資はよく分からない...そんな方のためにあるのが投資信託(投信)です。
投資信託にも多くの種類がありますが、ランキング情報などをチェックすることによって、どんなものが人気なのか、何を対象にした投資信託なのか、ということをざっくりと把握することが出来るでしょう。
資産運用を行っていくうえで、なるべく安全に資産を増やしたい、という方にとっておすすめのものであると言えます。

投資信託の仕組み

株式投資は自分で銘柄を選ぶ必要がありますが、投資信託の場合はそれを買えばあとはその資金をもとにプロが商品を運用します。プロのファンドマネージャーが運用したなかで発生したリターンが投資家に分配される、それが投資信託の利益の仕組みのひとつです。

もう一つの利益の方法としては、投資信託自体の基準価額が値上がりすることによるものです。
これは株式と同じイメージで、投資信託に組み込まれている金融商品が値上がりした場合は当然その投資信託も値上がりをすることになりますから(基準価額の見直し)、それを換金することによって差益を手にすることが可能になります。

ひとくちに投資信託といってもその種類はさまざま

投資信託、と言ってもその種類は様々です。
またその種類の切り口はひとつではありません。どんな金融商品を組み込んでいるか、運用方法はどういった方針なのか、単位型なのか追加型なのか...といったような分類がなされています。
ひとつひとつ見ていくことにしましょう。

・どんな金融商品を組み込んでいるか
投資信託の中には国内株式を組みこんでいるもの、外国債券を組み込んでいるもの、リートを組み込んでいるもの等々、何をポートフォリオに入れているかでその性質が大きく異なってきます。
また、投資信託の中には株式市場に上場しているものもあり、通常の株式と同様に売買を行えるものもあります。それを上場型投資信託(ETF)と呼び、日経平均に連動して動くものは毎日非常に大きな売買代金となっています。

・運用方法はどういった方針なのか
運用方法については、「インデックスファンド」なのか、それとも「アクティブファンド」なのか、という観点から分類が成されます。
インデックスファンドとは指数に連動するように運用を行っている投資信託です。日経平均、TOPIXなど代表的な指数と連動するため、価格変化が分かりやすい、といったメリットがあります。

それに対しリターンを得るために積極的な投資を行うのがアクティブファンドです。
指数を上回る運用成績を目指して商品を組み込むのがアクティブファンドです。注意事項としては、高いリターンを得られる可能性もありますが、販売手数料がインデックスファンドに比べかかってしまうということが挙げられます。

・単位型なのか追加型なのか
投資信託には単位型(ユニット型)と追加型(オープン型)の2つがあり、前者の場合は一定期間でのみ購入可能、オープン型の場合はいつでも購入可能となっています。大抵人気のもの、代表的指数や株式を組み込んでいるものはオープン型のものが多いと言えるでしょう。

投資信託のメリット・デメリットを知ったうえでの利用を

投資信託のメリットとしては、最初の元本が少なくても積み上げ(投信積立)を行うことによりコツコツと投資を行うことが出来るという点があります。
現在日本の銀行預金における利息は非常に小さなものとなっていますが、多くの投資信託ではそれを上回る利息がついてくることが多いです。
ただ、当然元本割れのリスクもあるので注意は必要です。投資信託だからと言って情報収集を怠ることなく、経済や政治について自分なりの視点を持ってみるのがよいでしょう。