バイナリーオプションを投資家からみて、率直な意見を聞かせてください

バイナリーオプションも投資方法の一つ

バイナリーオプションは株式投資やFXなどの投資から派生した投資方法の一つです。
投資家からしてみれば、近年新しく出てきたものという印象も強い取引でもあります。
海外から日本に入ってきたもので、特にオーストラリア等で盛んなので、業者も海外業者の方がノウハウを持っている印象です。
また日本国内では、FX業者がFXトレードの派生形としてサービスを提供しているともいえます。
それゆえ、メインはFX取引であって、バイナリーオプションはそのおまけという感じでしょうか。

バイナリーオプションのメリット&デメリット

しかし、バイナリーオプションにも利点はあります。
例えば、損益が限定的なことです。国内業者に限りますが、金融庁の定めた法律に基づき、バイナリーオプションを取り扱うときに規制がかかるようになりました。
自分で利益確定や損切りができない分、投資する前から、利益が出る場合どの程度か、また損をする場合はどの程度かが分かるというのは、リクス管理しやすい点で評価できます。
途中で売ることができる業者もありますし、海外業者を利用すれば、判定時間も短く、スピーディーな取引が可能です。
デイトレなどが得意な人には向いている投資法なのかもしれません。
ただ、稼ぐためにはロウソク足やチャートの徹底分析が欠かせませんし、投資するための勉強が不可欠という意味では、他の投資に比べて優れているともいえないのが現状です。
また、海外業者を介する場合、いざというときに対応が英語になる可能性も高いので、正直厄介だなと思います。
ある程度の語学力がないと、不測の事態に対応できないのは投資家としてバイナリーオプションに魅力を感じないポイントでもあります。
何より、海外業者を通じてトレードする場合、入金するだけでも円高の時を狙うようにしないと資金が目減りするので、ハードルが高く感じます。

初心者は煽りに注意

トレード方法が簡単で、クリック一つで済んでしまうバイナリーオプション。
設定期間内に上がるか下がるかを基本的には決めるだけですからね。
おまけに、いくら投資するかを設定すれば、あとは放置しておいてもOKという手軽さです。
タイミングを逃さずにハイ&ローを決定できれば、為替相場の相場観がなくても儲けることができる取引でもあります。
比較的少額から投資を始めることができます。
従って初心者向けという人もいますが、これは煽りである可能性も高いです。
実際にやってみれば分かることですが、二者択一といっても常に変動する為替の状況を読み解くのは並大抵のことではありません。
最初はビギナーズラックで勝つことができても、いずれは通用しなくなるので、勝ち続けるのは非常に難しく、うかつには初心者に進められる投資方法ではないと思います。

ある意味では上級者向けの取引

それに、ある程度の資金力がないと難しいということになります。
一回の取引で利益が限定的ということもあり、大きな利益を上げるためには必然的に取引回数を増やすしかありません。
自動ツールが使えるとはいえ、投資に時間を割かなければいけない点ではかなり本気度も試されます。
短期取引を毎日何回も繰り返すことができるお金にも余裕がある人にしか勧められないかなと思います。
FXや株式投資と同じように、最初は勉強しないと勝てませんから、資金も潤沢でないと勝てるようになる前に相場から退場してしまうだけだろうと予測します。
従って、個人的には、他の投資で一財産築けた人が投資の幅を広げるためにするような取引と評価せざるをえません。
まったく金融のことを知らずに飛び込むのは危険な上級者向けの取引だと思います。