バイナリーオプションの歴史

バイナリーオプションをFXを始めたことや、投資の勉強をするなかで最近始めて聞いたという人もいるかもしれませんが、海外では10年以上前からある投資商品です。投資商品もその歴史を知ることで、より理解が深まり興味を持つことや、人気を紐解くことができます。ここでは、バイナリーオプションの歴史や人気の理由などについて開設いたします。

バイナリーオプションの歴史とは?

バイナリーオプションは、元々2003年にイギリスのIGグループホールディングス株式会社が金融商品化した金融取引のことです。2008年にFX ONLINE JAPANとIGグループホールディングスが業務提携したことで、2009年にバイナリーオプションが初めて日本に上陸し、日本市場に参入しました。この頃、FXにレバレッジ規制が入ったこともあって、バイナリーオプションが導入された背景もあります。その後、メディアなどでも紹介されるようになり、会社員や主婦などを中心に、バイナリーオプションを利用する人が広まりました。

国内業者に対して規制が入る

FXのレバレッジ規制同様に、2013年にバイナリーオプションの国内業者にも金融庁による規制が入りました。これは、短い時間でのトレードが投資ではなく投機性が高いと判断されたためです。要するにギャンブル性が高い商品と判断されたため、それまでの1分や10分などの短い時間でのトレードが廃止され、購入(投資)してから2時間以上後の決済というルールが設けられました。また、口座開設をおこなう際にテストに合格しなければならないなどの条件も付くようになりました。1日に何十回も取引することで大きな利益を得れる可能性は低くなりましたが、その分、ギャンブル性が低くなったことで、リスク回避できるようになりました。

なぜバイナリーオプションが人気になったのか

バイナリーオプションが高い人気を誇るのは、上がるか下がるかを選ぶ二者択一のシンプルな取引方法で、1,000円未満の少額投資が可能、勝って得る利益も負けて負う損失も分かった状態で取引できリスクをコントロールすることができるためです。FX取引の場合は、自分で損切りをしないと、どんどん含み損を負ってしまい大きな損失を負うリスクがありますが、バイナリーオプションであれば、予想以上の損失を負うことはありません。初心者の方でも十分に勝つことができる商品です。

始める場合は大手国内業者が安心!

国内・海外にバイナリーオプション取引をできる業者はたくさんあります。1,000円未満での取引ができペイアウトは1,000円固定のGMOクリック証券が運営する外為オプション。1ロット50円〜990円で取引可能なトレンダーズ証券のみんなのバイナリー。MT4が使えるFXTFのバイトレなどが大手で安心です。海外業者は、多くのキャンペーンなどを実施しサービス重視で利用者を獲得しようとしますが、一部の業者では、出金できなかったり、勝ったのに支払われなかったりなどのトラブルも起きているようです。なかには詐欺まがいな業者もあるそうですので注意が必要です。バイナリーオプションを今から始める方は、最初は安心できるだけ大手国内業者を利用した方が良いでしょう。取引ツールも日本人向けで充実していますので使いやすいです。

興味がある方は始めてみましょう!

バイナリーオプションは、ここ1〜2年で始まった投資商品と思っていた方もいたと思いますが、始まりは10年以上前です。株式投資など他の投資に比べるとまだ日が浅い方ですが、FX同様、多くの人から人気を得ています。勝っても負けても利益や損失の金額が最初から分かっていますので、健全な取引を楽しむこともできます。興味がある方は、ぜひ少額から始めてみましょう!